歯作りに効果的

歯医者に行って「はい、終わり」というのは、あくまでも一時的な治療です。 歯は永久歯に生え変われば、放っておいて勝手に再生してくることはありません。新陳代謝を繰り返して入れ替わっていく他の細胞と違って、一生付き合っていくのが歯というものです。 そのため、子供の頃にどんな歯医者に指導してもらったかで将来健康な歯でいられるかどうかが決まってくる可能性もあります。 良い歯医者というのは、一時的な治療に留まらず、予防を一番大切に考えている所です。 予防は治療に勝るもので、最近の医療のトレンドも予防医学です。 口腔内の医学もそれと同じで、予防を何よりも大切に考えて、子供に適切なブラッシングやケア方法を教えてくれるところが望ましいです。

歯医者の中には、親子でブラッシングのトレーニングが受けられる所もあります。 子供がある程度大きくなるまでは、一人で磨かせずに親が磨いてあげる必要があります。その際の親のブラッシング方法が間違っていると、虫歯にかかりやすくなります。 もう少し大きくなって子供が一人で磨けるようになっても、最後の仕上げは親がやってあげたほうが安心です。 子供にとっては将来的なブラッシングのトレーニングにもなりますし、同時に親もブラッシングの正しい方法を身につけることが出来ます。 歯医者の中には予防歯科などを特別に作っているところもあるので、そういう場所だとみてもらえる可能性が高いです。 親子でトレーニングすることで、健康的な生活が送れるようになれます。